ダイビルグループにとって、サステナビリティへの取り組みは最も大切なミッションの一つです。こうした考えは、「グループ行動規準」に具現化されています。経営理念を志向し、「グループ行動規準」を遵守して企業活動を行うことに、我々は最大限の努力を尽くし、社会とともに持続的発展を目指していきます。
また、「グループ環境方針」 に則り、広く顧客・地域社会・事業パートナーなどのステークホルダーと協力し、みどり豊かなまちづくりと自然環境との共生を進めていきます。

当社は 1923 年の創立以来、⾧年にわたり屋上緑化など自然との共生を意識したビル造りや保有ビルの環境負荷低減、また、地域社会との共生に注力してまいりました。今後も引き続きサステナビリティに向けた取り組みを推し進め、事業活動を通じて持続可能な社会の実現に寄与してまいります。

ダイビルグループマテリアリティ

社会が抱えるさまざまな課題を事業視点で評価し、社会とともに成⾧するために、短・中・⾧期の時間軸それぞれにおいてビジネスチャンス(機会)やリスクとなり得る重要課題をマテリアリティとして策定しました。
(1) 社会への価値提供(または社会資本の毀損低減)に関する重要課題 <マテリアリティ>
①時代の変化に対応した最適なオフィスの提供
②地域に根付き、街とともに発展する
③環境にやさしいビルを次世代へ
(2) 価値提供の基盤強化に関する重要課題 <推進基盤>
①人材・組織力の強化
②高品質なサービスの基盤となる知的資本の蓄積
③ステークホルダーとの協創による価値創造
④持続的な企業価値向上を支えるコーポレートガバナンスの進化

【注】「(1)社会への価値提供」とそれらを推進する「(2)価値提供の基盤強化」の 2 部構成としまし た。「(1)社会への価値提供」に掲げた狭義の 3 つのマテリアリティは当社経営理念「ビルを造り、街を創り、時代を拓く」と対応するものであり、(1)①は“オフィスビル”を、同②は“地域との関わり”を、同③は“環境配慮”をテーマとしています。

地域社会との共生

歩行者用ブリッジの整備

当社が共同事業者とともにダイビル本館西側に整備した「中之島四季の丘」に、
歩行者用ブリッジを設置しました。ブリッジは敷地北面を流れる堂島川の遊歩道と繋がっており、さらに2022年に開館予定の大阪中之島美術館などの再開発が進む中之島4丁目とも接続を予定しています。これにより、中之島地域の回遊性が増すとともに、歩行者の安全性の向上にも寄与しています。

整備の様子

防災対策[防災訓練]

安心して働けるオフィスビルを提供するため、毎年、所有するビルにおいて防災訓練を実施しています。訓練では、テナントの皆様の防災知識を高めてもらうことを目的として、避難ルートの確認のほか、所轄消防署にもご協力頂き、ビル屋上などで煙体験や消火器取扱訓練を行っています。

防災対策[防災訓練]の様子

中之島ウエスト打ち水プロジェクト

2013年から毎年、大阪・中之島地域にて、夏の涼感を得る昔からの日本人の知恵であり、ヒートアイランド現象の抑制となる打ち水を「中之島ウエスト打ち水プロジェクト」として同地域の企業と共に実施しております。

中之島ウエスト打ち水プロジェクトの様子

中之島クリーンアップ活動

2012年から毎年大阪・中之島地域の企業と共に、堂島川に掛かる大江橋から玉江橋及びその遊歩道、周辺エリアの清掃活動を実施しております。

(※2013年は雨天のため中止)

クリーンアップ活動の様子

千代田区帰宅困難者対応訓練

大地震発生に伴い発生する帰宅困難者に対する支援体制の充実を目的として、2010年から毎年、秋葉原駅エリア周辺地域の企業・団体と共に、帰宅困難者対応訓練を実施しております。

訓練の様子

AEDの設置と救命講習

テナントの皆様や来館者が容易にご利用頂けるよう、主要ビルにAEDを配備しています。また、グループ社員は、AEDの取扱い方法及び緊急救命についての講習を受講しています。

救命講習の様子

大阪クラシック

2006年から始まったクラシック音楽の祭典「大阪クラシック」は、オフィスビルの一角やカフェなどを主な会場とし、クラシック音楽に馴染みの無い方でも楽しめるコンサートです。当社は、地域の文化活動に貢献するため、2009年9月より、「大阪フィルハーモニー交響楽団」をはじめとした様々な楽団に対し、「中之島ダイビル」「ダイビル本館」「新ダイビル」の吹き抜け空間を舞台として提供しています。

ダイビルサロンの設備

堂島公園の寄付

2015年3月、新ダイビルの建設にあわせてビル南側の堂島公園を整備し、大阪市に寄付しました。堂島公園の土地は、1959年に当社が緑地公園を整備して大阪市に寄付したものです。公園は高速道路建設のため撤去された後、1977年に再整備されましたが、老朽化が進んでいたため、大阪市や地元との協議の上改めて整備を行いました。今回の整備では、明るく清潔感のある公園とするため、不法駐輪対策や照明の増設、舗装・植栽の改修などを行っています。

堂島公園

生きた建築ミュージアム フェスティバル大阪への協力

「OPEN HOUSE LONDON」に代表される一般市民に建築を無料で開放し、建築物を身近に感じてもらうためのイベントの大阪版である「生きた建築ミュージアム フェスティバル大阪」に協力しています。当社はこれまでにダイビル本館のガイドツアー、こども向けワークショップなどのプログラムを実施しています。

ガイドツアー「ダイビル探訪」

YMCAインターナショナルチャリティーラン Love on the run

2017年10月に開催された「第23回大阪YMCAインターナショナルチャリティーラン2017」にスポンサー企業として協賛するとともに、当社従業員や家族がランナーとして参加しました。本イベントは障がいのある子どもたちを応援することを目的に開催されており、チャリティーランの参加費や協賛金はYMCAが実施する障がい児の支援プログラムに充てられています。当社は本イベントに継続して協賛していく方針です。

YMCAインターナショナルチャリティーラン Love on the run

ベトナムにおける社会貢献活動

当社が2012年に事業進出したベトナムでも、地域・社会が抱える課題解決に貢献することで共に発展していきたいとの想いから、随時社会貢献活動を行ってきました。2021年には新型コロナウイルスワクチンの輸入・購入、研究開発や感染対策実施を目的に設立された「新型コロナウイルスワクチン基金」に6億ベトナムドン(約290万円相当)の寄付をベトナム事業会社(現地法人)と共同で実施しました。その他には、施設で暮らす孤児やホームレス等を支援するチャリティイベントなどの活動も実施しています。

ベトナムにおける社会貢献活動

「新型コロナウイルスワクチン基金」への寄付窓口であるハノイ・ホアンキエム区祖国戦線との寄付金贈呈式

国連グローバル・コンパクトへの参加

ダイビルグループは「国連グローバル・コンパクト」へ参加しました。国連グローバル・コンパクトは、1999年1月当時の元国連事務総長アナン氏が提唱、2000年NY国連本部で発足したもので、企業活動を通じ、人権、労働、環境、腐敗防止の4分野に関する世界的に認められた10原則を自主的に支持し、実践することを求めた取り組みです。「グループ行動規準」と10原則は、共通の理念を持ち合わせており、国連グローバル・コンパクトに参加することでサステナビリティへの取り組みをより一層積極的に推進します。

THE GLOBAL COMPACT Network Japan WE SUPPORT

環境への取り組み

新ダイビル 堂島の杜

「新ダイビル 堂島の杜」は、旧新ダイビル屋上樹苑の精神を受け継ぎ「人だけでなく生物にとってもやさしい森」をコンセプトとして、旧ビルの屋上樹苑で育った樹齢約50年のケヤキやモミジ等の樹木の一部を移植したほか、在来種を中心とした樹木を用いて旧ビルと同じ約1,000坪の緑地を整備しました。これらの取り組みにより、生態系への貢献を評価する「JHEP認証」でも西日本初となる最高ランク「AAA」評価を取得しています。

JHEP 認証最高ランク「AAA」取得/ DBJ Green Building 認証最高ランク「2014 five stars」取得/CASBEE大阪みらい(大阪市建築物総合環境評価制度)最高ランク「S」取得/第15回「屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール」“屋上緑化部門 日本経済新聞社賞”を受賞/第36回「緑の都市賞」“緑の事業活動部門 都市緑化機構会長賞”を受賞/第6回「みどりのまちづくり賞(大阪ランドスケープ賞)」“ランドスケープデザイン部門 大阪府知事賞”を受賞/第10回「おおさか優良緑化賞」“大阪府知事賞”ならびに“生物多様性賞”を受賞/「SEGES(シージェス、社会・環境貢献緑地評価システム):都市のオアシス」に認定

 なお、生態系への貢献度を具体的に把握するため、「新ダイビル 堂島の杜」完成後の2016年度と2020年度に外部機関による生物モニタリング調査を行った結果、堂島の杜の中で一定の食物連鎖が成立していることが確認されています。鳥類・昆虫類にとって、こうした生息環境は都市部では貴重で、生態系への貢献度は高いと評価されました。

Dojima-no-mori

「新ダイビル 堂島の杜」生物モニタリング調査結果

調査実施期間
第1回 2016年4月~2017年3月
第2回 2020年4月~2021年3月
現地調査による確認種
鳥 類: 第1回 15種
第2回 18種
シジュウカラ、ヤマガラ、ヒヨドリ、ウグイス、キジバト、メジロなど
昆虫類: 第1回 54種
第2回 68種
ハラビロカマキリ、オオシオカラトンボ、アオスジアゲハなど
生態系ピラミッドのイメージ
※堂島の杜の生態系ピラミッドのイメージ(写真は全て現地にて撮影)
(画像クリックで拡大)

地球温暖化対策と循環型社会の形成への貢献

温室効果ガス(CO₂)の排出削減、エネルギー消費量の抑制

当社所有ビル*1における過去5年度のCO2排出量*2・エネルギー使用量と原単位排出量・使用量(稼働床面積当たり)は右図の通りです。年度ごとに稼働床面積は異なり、エネルギー使用量は増減しますが、環境負荷低減の取り組みや、2020年度は新型コロナウイルス感染症拡大の影響もあり、原単位ベースでは減少傾向にあります。

【空調負荷の低減】
窓にLow-eガラスを積極採用するほか、ルーバーや庇が設置されているビルでは室内への日射を遮蔽することで、日射や放熱による空調負荷を低減しています。CO2濃度を確認しながら外気取入量を制御したり、中間期には冷房に外気を利用したりしています。

【既存ビル照明LEDへの切り替え】
長寿命かつ電力消費効率が高く、環境にやさしいLED照明への切り替えを積極的に推進しています。概ね2024年までに切り替え完了する計画で2020年度末時点の進捗率は約40%、その後も当初計画から前倒しで実施予定です。

【CO2フリー電力の採用】
脱炭素社会の実現に向けて、CO2フリー電力*3の採用を検討しています。

  • CO₂排出量

    CO2排出量
    • CO₂排出量(t-CO₂)
    • 原単位排出量(t-CO₂/m²)
  • エネルギー使用量

    エネルギー使用量
    • 原油換算エネルギー消費量(kl)
    • 原単位消費量(kl/m²)

水資源の再利用・節約

当社所有ビル*1における過去5年度の上水使用量と原単位使用量(稼働床面積当たり)は右図の通りです。2020年度は新型コロナウイルス感染症拡大に伴う館内人口減少の影響も受け、水使用量は2016年度比で約26%削減、原単位ベースでも約28%削減となりました。当社ではビルの新築・改修時に最新の衛生器具を採用するほか、雨水を植栽灌水に活用するなど、水資源の有効利用に努めています。

水使用量

水使用量
  • 水使用量(m²)
  • 原単位使用量(m³/m²)

廃棄物の排出抑制・リサイクル推進

当社所有ビル*4における過去5年度の廃棄物排出量と原単位排出量(稼働床面積当たり)は右図の通りです。廃棄物排出量は物件取得などにより年度ごとに増減しますが、原単位ベースでは減少傾向にあります。当社では廃棄物の排出抑制に努め、またリサイクル推進を目的としたゴミの分別収集体制を構築しています。

【ビルのライフサイクルを通した廃棄物の削減・適正処理】
ビルの建設・解体段階では様々な廃棄物が発生します。当社は環境汚染につながる物質や有害な物質を法令に則り適正に管理・処分するほか、コンクリートガラや空調設備に利用されているフロン・臭化リチウムなどの回収・再利用も行っています。現在進行中の御堂筋ダイビル解体工事においては、既存ビルの躯体を山留として利用しています。ビルの運用段階においても、廃棄物の削減に努め、リサイクル推進のためゴミの分別収集体制を構築しています。

廃棄物排出量

廃棄物排出量
  • 廃棄物排出量(t)
  • 原単位排出量(t/m²)

*1 集計対象:当社所有オフィスビル・商業ビル27棟(省エネ法届出対象ビル)

*2 エネルギー事業者別の排出係数を用いて算出しているため、CO2排出量および原単位は当該係数の変動に影響されます。

*3 非化石証書の使用により、実質的に再生可能エネルギー由来の電力

*4 集計対象:省エネ法届出対象ビルのうち集計可能な当社所有オフィスビル・商業ビル

ページのトップへ